美味しくなるりんご

今日で3日連続霜の朝です。今朝の最低気温マイナス2.2℃
連日、今季最低気温の更新の日が続いています。
日中は小春日和、11月とは思えないほど風もない、暖かい穏やかな日が続いています。
このように寒暖の差が大きいと、りんごはだんだん美味しいくなっていきます。
りんごは糖度が増して、ミツが入るようになります。
果汁がたっぷりでみずみずしく、味にコクと風味が出てくるようになります。
色づきも、深みのある紅色になって、黄緑色のところがだんだん黄色に変わってきます。
りんごの色は、肩の部分からだんだんお尻の方に紅色に色づいていきますが、
美味しいりんごは、形はお尻の部分が膨らんでいて、ずしりと重量感があって
地色が黄色みがかったものが美味しさの目安になります。
ミツ入りりんごです。
今朝も真っ白、霜の世界。空は雲ひとつない快晴。

関連記事

  1. りんご試験場
  2.  
  3. “早く・強く”
  4. A-FACTORY津軽ファーマーズ倶楽部
  5. 新幹線
  6. ゲリラ豪雨
  7. まずまずの年
  8. 十五夜
PAGE TOP