東京五輪の日

今日は何の日
1964年10月10日、東京オリンピックの開会式の日
「世界中の秋晴れを東京に持ってきたような素晴らしい秋日和・・・」
という名セリフ、これを聞いただけで、
雲ひとつ無い澄み切った青空が広がる晴天の日だったことがわかる。
思い出す
その数日前、よく晴れた昼下がり、
隣村の川倉の成業小学校の校庭でおこなわれた
浪岡から国道7号線を弘前に向かう聖火リレーの引継ぎ式の日を
おじさんのこぐ自転車の後ろに乗せて貰って
途中の野原で、浪岡からこちらに向かってくる聖火の煙を見ながら
砂利道を、急いで行った記憶がある。
あれがオリンピックの聖火リレーだったのか。
ところで、10月10日を東京五輪の開会式に選んだ理由のひとつに
絶対「雨が降らない日」ということでこの日にしたと聞いたことがある。
実際、過去10年間でも8割方晴れているそうだ。
そんな10月10日の天気に期待していたのだが
こっちは、いまだニンニクを植えていないのに
今日は雨、お天道様、恨めしや。

関連記事

  1. 寒のもどり
  2. 遅霜
  3. 今日からりんごもぎ
  4. にんにく掘り強行
  5. 「サンふじ」と「ふじ」
  6. 一面真っ白
  7. 土づくり
  8. 夏休み
PAGE TOP