奇跡のりんご、木村秋則さん

また木村秋則さんの話を聞く機会があった。講演活動で超多忙らしい。
秋田県大館市から青森に移動する途中弘前に立ち寄ってもらい
りんご仲間と、食事をしながら話を聞かせてもらった。
自然農法は米、野菜は100%可能だ。
消費者が望む農産物をつくれ、都会では農業ブームが起きている。
11月まわりの森が紅葉しているのに、普通栽培のりんごが紅葉しないのは不自然だ。
木村さんのりんご園は、自然の森と同じように害虫と益虫のバランスが保たれている。
雑草をそのままにして伸ばす土づくり、肥料を使わないので土がやわらかくなり
地温が表面と地中深いところも一定で、りんご樹は健全で丈夫に育ち、
病害虫がつきにくい。
醸造酢を散布することで、病害虫防除と害虫忌避に役立っている。
今の農業はあまりにも農薬、除草剤、化学肥料に頼りすぎ、
有利販売だけを考えるな、ただなんでも作れば売れる農業はもう終わり。
常識にとらわれない、バカになれ、温故知新。

関連記事

  1. 代掻き、田植
  2. 大寒の雨
  3. 竜巻注意報
  4. 丑年
  5. 開花まであと一週間
  6. 立志式
  7. 熱帯夜
  8. うぐいすとカッコウ
PAGE TOP