五戸の人たち

三戸郡五戸町、八戸市のとなり
新幹線八戸駅から車で30分、坂の多い町
人口21,000人、馬肉と倉石牛、にんにく、長いも、それにアピオスがある町
五戸川に沿い、歴史文化を共有した、昔から仲のよい
旧五戸町と旧倉石村が合併した町、
ここの農家の人たちと交流する機会があった。
りんごとにんにくとか、長いもとにんにくと水稲とかの組み合わせ
珍しいものではヤマノイモも結構ある。複合経営の人が多い。
その点では私たちの常盤地区と似ている。
りんご専業の人もいた。農業法人をめざしている人もいた。
毎年のようににんにくの視察にいっているので慣れた所である。
古くからの友人が何人かいるので、たずねたらみんな元気にやっている。

関連記事

  1. 雪化粧
  2. 6万2300箱ハイなんぼ!
  3. 冬将軍、ブルッ!
  4. A-FACTORY津軽ファーマーズ倶楽部
  5. 防霜ファン
  6. 冬に逆戻り
  7. ゲリラ豪雨
  8. 会話
PAGE TOP