丑年

謹賀新年、新しい年が静に明けた。
開口一番、
「音っこ無しに、雪、のそのそど降ってら!」
元旦の夜明け、雪が深々と降っていた。
うし年にふさわしく、風もなく、静かな、ゆっくりした正月である。
いつもの年なら、村の八坂神社に年縄を奉納する様子を
見に行くのだが、今年はそれがない。
鳥居いっぱい、重さ500キロの大しめ縄を鳥居に下げるのは
すごい大掛かり、熟練を要する作業だ。
村の古老の指示のもと大人数十人で行うのである。
今年からは年末に奉納を済ませ、
新しい年縄で初詣客を迎えるとのこと。
新年早々、村の鎮守様、八坂神社に、
新しい年縄をくぐって初詣に行ってきた。
すれ違う人と挨拶するのも新年のためか
いつもと違う気がする。
帰省客だろうか、普段は見かけない人もいる。
県外ナンバーの車も。
世間では、アメリカ発の経済不況が日本にも飛び火して
大企業の大量解雇、100年に一度の経済不況だとか
何かと暗いニュースが多い。
去年一年で多くの人が食品に関心を持つ様になってきたと思う。
食の安全性に重要視し、輸入食品に不安を感じ
国産品を求めるようになっている。
そして国内農業に関心を持つ人も増えている。
生命産業、農業の将来は明るいのではないか、
とりあえず、ことし一年に期待して。

関連記事

  1. チーム青森
  2. ニイハオ
  3. 今冬一番の寒さ
  4. 奇跡のりんご、木村秋則さん
  5. 開花
  6. 祝サムライブルー
  7. 20,000回目
  8. 32℃
PAGE TOP