サルケ

次に旋回しようとしたら、サルケにはまった。田植機が身動き取れない。
どうしようか?時間は夕刻、途方にくれる。
暗くなる前に何とか抜け出さないと、
すぐ前に、畦畔と用水堰が立ちはだかっている。
ユンボを引っ張って来て、3人がかりで悪戦苦闘の末90分
ようやく抜け出すことが出来ました。
軟弱で、地盤が弱い場所で、気になっていた所である。
サルケ、泥炭のことである。
この地区一帯は、大昔湿地帯であった。
藩政時代、用排水を引いて開田した地帯である。
大昔から草木が堆積して出来た泥炭層があり、
水分を多量に含んでいて乾燥しないで軟弱な層である。
所によってはその泥炭が、田んぼにむき出しになっているところがあり、
機械がはまればたいへん、抜け出すのに大仕事になる。
そこには田植機がはまってしまったのである。
無様な姿なので、画像はなし

関連記事

  1. 日本一、ジャンボおにぎり
  2. 美味しさの秘密
  3. カァー
  4. 秋空
  5. 時より、あられ
  6. 北斗収穫
  7. りんごの生育
PAGE TOP