雪中野菜

今年もあっという間にもう2月、日もだいぶ長くなってきた。
今朝の気温は-8℃、今期最高の冷え込み。

先日、雪中野菜を使った料理の試食会に参加させてもらった。
大根、キャベツ、にんじん、白菜など、それからりんごのアルプス乙女
獲らないで、冬雪の下にしておいて、雪の中から堀上げる。
雪の下は凍らないで、かえって甘味が増すというのだ。
昔、農家の人は冬場の野菜を確保、保存しておくために、
土の中に埋めて、雪の下にしておいたものだ。
黄金崎の雪中野菜、ときわのにんにく、りんご、スチューベン、大鰐もやし、シャモロック、
有機つがるロマン、ミニトマト、雪中にんじんジュース、鯵ヶ沢の豚肉
それを弘前市石川の「あかつきの会」に調理してもらった。
津軽の全国に名高いこれだけの逸品をあつめての試食会、
街中のレストランでは絶対味わえない。もちろん値段もつけられない。
にんじんジュースがこんなに濃厚で甘いとは思わなかった。
アルプス乙女を箸置きとして利用した。こういう発想、着眼点がすばらしい。

img_0129-500x375

関連記事

  1. 久しぶりの雨
  2. 一月遅れのにんにく植え
  3. D51
  4. 開花
  5. りんご移出商がにんにく
  6. 五戸の人たち
  7. 初冬のにんにく
  8. 稲作は中盤、作柄は
PAGE TOP