ことしのりんご(その3)

時はさかのぼって6月13日夕刻、
またひょうである。今度は津軽平野の南部山手をおそった。
弘前、大鰐、平賀など青森を代表するりんご地帯である。
その後の新聞報道によると、5月下旬のひょうと合わせて、
その被害面積は約8,000ヘクタールというではないか、
これは私の記憶によれば、青森りんごの面積約24,000ヘクタールの
30パーセントにもなる数字である。たいへんな数字で大きな痛手である。
おまけにこの日の午前、我が藤崎町の中野目地区に竜巻が発生、
民家、りんご樹をなぎ倒すなど、大きな被害を出している。

上の画像は、8月、野球ボールぐらいに成長したひょう害りんご。
二度ある事は三度ある、これは秋になれば、最後に台風の襲撃で
りんごが落ちてしまうのではないか、と心配した人は多いはずだ。
9月26日、またまた、ひょう!こんどは5月のひょうとほとんど同じ地帯に
私たちのりんごは、葉っぱにひょうの穴は開いていたが、
幸いりんごには被害はほとんどなかった。
雷が鳴ったと思えばひょう、干ばつかと思えばゲリラ豪雨、
たいへんな年になったと思った。
気象データを見れば、気温は7月、9月、10月は平年より高く、
雨も7月、8月多く降り、年間を通して日照時間も平年より長かった。
とくに9月の気温は寒暖の差が大きく、日照時間も長く
この天候が良かったのか、りんごをもいでみれば、色づき、玉のびもよく、
もちろん美味しく、ひょう害を受けたりんごも数多くあるが、
まずまず、よく取れたいい年であった。

関連記事

  1. 大晦日
  2. りんごもぎ最盛期
  3. 一区切り
  4. 藩陽卸売り市場
  5. 静に卯年があけました
  6. 今年のにんにく
  7. 秋空
  8. 寒びなー
PAGE TOP