あおぎん賞

ならおかファームも加入している青森県農業法人協会という団体がある。
その会員でおいらせ町の㈲柏崎青果が第16回「あおぎん賞」を受賞した。
その柏崎青果社長の柏崎進一氏の受賞祝賀会が
県農業法人協会と県農業経営士会の主催で、昨日青森市で行われた。
私も法人協会の会員として参加してきた。
柏崎氏は農業法人協会の会長を努め、県が認定する農業経営士でもある。
「あおぎん賞」は、青森銀行が県内の産業、地域振興、学術文化、スポーツなどに
貢献した個人、団体に贈るものである。
柏崎青果は「黒にんにく」の商品化や長いも、だいこんなどの
農産物を加工し、高付加価値を付けて販売、
スソものもすべて加工し、販売する。
ごみを出さない環境に配慮した農業が評価されたものだ。
主催が農業経営士会と農業法人協会ということもあって
集まった顔ぶれがすごい、
岩木山ろくで500haの農場を経営するつがる市の佐々木君夫氏
欧州ウクライナで600haの農場を経営するつがる市の木村慎一氏
大規模稲作経営の五所川原市の笠井実氏、青森市の羽白開発
田中稔賞を受賞した十和田市の平館昭彦氏など
そうそうたるメンバーばかり、
ほかにも全県から、みんな特色ある農業経営をしている人ばかりである。
柏崎青果は主ににんにく、だいこん、ごぼう、ながいもの
生産加工販売をしているが、
柏崎氏の豊富なアイデアと、すぐ実行に移す行動力はすごい。
いろんなアイデア、言葉がちゅうちょなく次々と出てくる。
泊まりの会合があっても、朝起きるともういない。
今回の受賞は農業界の人が受賞するのは始めてである。
数ある他の産業、文化、スポーツの中で農業の経営者が
受賞したことは大きな意義があり、進歩である。
他の農家の励みとなるもので、元気付けられることになる。

関連記事

  1. うぐいすとカッコウ
  2. 今年のにんにく
  3. 永島敏行氏
  4. 開花
  5. 立冬
  6. 大寒の雨
  7. ことしのりんご(その3)
  8. 春の嵐
PAGE TOP