奇跡のりんご

年が明けてすでに一週間、何かと呑む機会が多かった。
これから大寒に向かっているのに、3月並みの気温、
無農薬、無肥料、完全自然栽培の
「奇跡のりんご」の木村秋則さんの話を聞く機会があった。
屈託のない笑い顔が印象的だ、飾り気のない、田舎のお父さんそのもの
20年前、米を無農薬、無肥料栽培で作ったことに刺激を受けて、
何事にも好奇心が旺盛な木村さんは、りんごでも出来ないかと思い取り組んだ。
7年間収穫ゼロ、あるとき気がついた、畑の草が抜けない、根張りが違う、
それがヒントになり、それまで土の上の樹のことしか考えなかったが
大事なのは土の中だと気づいた。
草を刈らないで伸び放題にすることによって、草の根で土をやわらかくし、
やわらかい土に大量の根を伸ばし、健全な病害虫に強いりんご樹に育ち
花を咲かせ、りんごがな生る
土を踏み固める機械は使わない、すべて人力、草刈も年二回程度、それも刈払い機で。
あるときりんご樹の根を抜いてみたら20メートル位伸びていたとか。
最近見学者が増えて、畑が踏み固められて根が伸びなくなったとか。
農薬を使わないことによって自然の生態系を守る、害虫の天敵もいる。
りんごと昆虫、微生物、細菌、土、の共存だ。
畑に行けば、いつも「今日はどうですか」
「よく頑張ってくれてありがとう」と樹一本一本に話しかけて歩くそうだ。
全くならなかった頃は、ついに気が狂ったかと思われたそうだ。
好奇心とあきらめないで最後までやりぬく。
柔らかい土に健全な根、強い樹、農薬に頼らないで自然の生態系のまま、
んー、参考になった。

関連記事

  1. フラン病
  2. 剪定
  3. ふじ発祥の地
  4. ツル割れ?
  5. 話題の新品種「名月」
  6. 「ゆきのした」
PAGE TOP