フラン病

りんごの大敵、フラン病を見つけました。
りんごの樹の皮が腐り、放置しておくと腐敗が進み、
樹皮が一回り腐ってしまうと、そこから先に養分が流れなくなり、樹がかれてしまう病気
りんごの病害虫の中で最も怖い病気です。処置の方法は、外科処理が最も効果的です。
削り取り法、病班部の腐った皮を削り取って、塗布用の薬を塗る方法か、
泥巻き法、泥を塗って、泥が乾燥しないように黒いビニールを巻いておく方法があります。

img_0460-500x375

このフラン病はあまりにも病班が大きいので、一回りする寸前でした。
泥巻きで処置することにしました。
泥巻きで処置するのは、土の中には、たとえ一握りの量でも、
数え切れないほどの微生物が生きています。
その中にフラン病菌を死滅さてしまう菌がいます。
その菌の働きによって治癒させる方法です。
治るのに時間はかかりますが、樹にかかる負担が少なく、自然に近い方法です。
土に水を混ぜて、錬って、半ネリ状にして、病班部にくっつけて、
黒ビニールの代わりに、今日は肥料袋を巻いて、処置終了です。

img_0463-500x375

img_0466-500x375

関連記事

  1. 剪定
  2. 「ゆきのした」
  3. 話題の新品種「名月」
  4. ツル割れ?
  5. ふじ発祥の地
  6. 奇跡のりんご
PAGE TOP